日本トレンドリサーチ受賞
Topics

自律神経

自律神経とは

自律神経とは、心臓や内臓や肺を動かしているものです✨

内臓で食べ物を消化したり、心臓を動かしたりして、血液を全身へ送ったり、呼吸したり、体温調節をするなど、生命の維持に必要な働きをするものです

自律神経は、交感神経と副交感神経の2つで構成されています

2つの神経

交感神経とは、アクティブで活動的なときに働く神経です

副交感神経とは、リラックスして落ち着きたいときに働く神経のことです

車で例えると、アクセルが交感神経で、ブレーキが副交感神経です

交感神経が優位になると、血管が収縮して、心身ともに興奮状態になります

副交感神経が優位になると、血管が緩み、リラックスした状態になります

この2つの神経がバランスよく働くことによって、血液がしっかりと全身に送られて、心臓や腸の動きが活発になります
その結果、朝から元気に活動できるし、夜はリラックスしてぐっすり眠れるというわけです

自律神経が乱れると、
呼吸や内臓の働きが悪くなり、血流も悪くなって、疲れが取れないとか、不眠や便通が悪くなったりします

なぜ、自律神経は乱れるのか

その原因は、ストレス、夜更かし、激務、喫煙、激しい運動などです

神経とは、心と体を繋げているものなのです

強いストレスの影響で、自律神経のバランスが崩れると、脳や心臓や肺や胃腸の機能が悪くなり、疲れをどっと感じたり、不眠や記憶力や判断力の低下や、下痢や便秘、肌や髪や爪がボロボロになったりするのです

コメント

コメントする

目次
閉じる