日本トレンドリサーチ受賞
Topics

ウォーキングと健康

毎日の健康作りくりに手軽に取り入れられるのがウォーキングです
その健康効果は絶大です
今日はウォーキングのメリットをご紹介します

『週2時間=脳卒中リスク30%低下』

1日にへいきん1万歩以上歩く人は、5千歩未満の人と比べて脳年齢が1.75歳若いという研究結果があります

運動をほとんどしない人は、運動習慣がある人と比べて、脳卒中のリスクが大幅に上昇すると言われています
脳卒中や心血管疾患のリスクは90%近くは運動不足が原因とされています

まずはウォーキングから始めてみましょう

記憶力

『1日40分×週3日=計画と記憶に関連する脳部位を保護』

ウォーキングなど軽い運動は、海馬を活性化して脳の記憶システムを全体を向上させることが明らかになっています

気分

『1日30分=うつ病の症状を30%低下』

ウォーキングなどの提供度の運動を毎日続けることで、うつ病の予防効果が期待できます

うつ病の方でも、朝日を浴びながら散歩すると、幸せホルモンのセロトニンが活性化して、症状の改善に繋がるといわれています

寿命

『週75分=寿命が2年伸びる』

ウォーキングによって健康寿命が延びるといわれています

糖尿病

『1日3,500歩=糖尿病リスク29%低下』

WHOの運動ガイドラインで推奨されている運動量を行えば、2型糖尿病の発症を29%ほど減らせる可能性があると言われています

肥満

『1日60分=肥満のリスクを50%低減』

少し息がはずむくらいのスピードで20分以上歩くことで脂肪燃焼が始まります

1時間程度早歩きすると細身効果が見込めます

いかがでしたか
今日もお読みいただきありがとうございました(^^)
みなさまの毎日の健康ライフを願っております✨

コメント

コメントする

目次