日本トレンドリサーチ受賞
Topics

自律神経を整える方法

朝やるべきこと

①朝早く起きて、太陽の光を浴びることです☀️
そうすることで、
体に朝がきたことを気づかせ、夜にどれだけ夜更かししても、体内時計のリズムを整えることができるのです⏰

②水を一杯飲むことです
自律神経を整える効果があるのです🥛
朝の水は、眠っている胃腸を起こし、自律神経のスイッチをオンに切り替えることができるのです🥛

1日に2リットル以上とるとより健康的になれます

③朝食もしっかり摂ることです🍚
バタバタしてストレスを溜めないように、30分早く余裕をもって起きるといいでしょう

昼やるべきこと

①運動すること🏃‍♂️
毎日15~30分のウォーキングをするといいです
ランニングなどの激しい運動は自律神経を乱すことになりやすいです

②炭水化物を少なくし、タンパク質を多めに摂ること🥩
腸内環境が整っていると血液がサラサラで血流がよくなり、自然と自律神経を安定されることができます

逆に、腸内環境が乱れると、精神的にもイライラして自律神経のバランスも崩れてしまいます

腸では、幸福物質のセロトニンの95%が生成されていますし、免疫細胞も70%も腸内にあると言われています✨

つまり、腸内環境が悪いと、うつ病や気持ちの低下になりやすいのです

炭水化物のとりすぎは体を疲れさせる原因になるので、炭水化物メインの食事は3回のうち1回だけにするといいです

自律神経のバランスを整えるには、肉や魚、卵などの動物性タンパク質をしっかり摂ることです

③毎日一杯の味噌汁
味噌はとても体によく、タンパク質やビタミンや食物繊維などの重要な栄養素なたっぷり含まれていて、腸にもいいです

毎日一杯飲むことで、病気を予防して、長生きに繋がります

④バナナ、ごぼう、こんにゃく、オクラ、枝豆、たけのこ、海藻、キノコ類、芋類などの食物繊維の多い食べ物を食べることです🍄

腸内環境を整えておけばストレスにも強くなります

夜やるべきこと

①食後3時間空けて寝ること
食後すぐ寝ると、腸内環境が悪くなり、自律神経が乱れて、疲れやすくなり、睡眠の質も下がります

②入浴
入浴は39℃から40℃のぬるま湯に15分ほど浸かると、副交感神経の働きが良くなり、睡眠の質を高めてくれます

寝る前

就寝の30分前にスマホをみたり、ゲームをするのは、興奮して寝付きが悪くなってしまいます

精神的ストレスから自分を守る方法

①1:2の深呼吸をすること
3.4秒かけて鼻から吸って、6-8秒かけて口から吐くようにします
3分間行うことで自律神経の調子が高まることがわかっています

②ため息
ため息をついて深い呼吸になることで、酸素をたくさん吸い込んでリラックスさせてくれます
つまり、ため息は体にいいことなのです

また、どんな時も笑顔で口角をあげることで、顔の筋肉の緊張がほぐれて、副交感神経の働きを上げる効果があります

コメント

コメントする

目次
閉じる